rubyの音楽日記

作曲に関することを自由に書きます。

MENU

Audiostockで販売件数が100件超えたから振り返ってみる

利益とか公開します

細かいデータを公表している人がいないような気がするので、ここに書いておきます。記事内容に何かしら問題があればご連絡ください。

登録してから2年くらい経過しました。2018年7月で販売件数が100件を超えました。100人を超える方(企業)に使用して頂けたと考えると非常にありがたいと思います。これでようやく基本の報酬パーセンテージが45%になりました。販売している素材の数は144件です。BGMが132件、効果音が12件です。今まで95462円振り込まれました。売上ははっきりしませんが、自分の場合、毎月の報酬パーセンテージの変動を考慮して、大体42%程度が利益だと考えると、

売上×0.42=95462

売上=227290 (小数点以下切り捨て)

となります。

自分の作った曲が22万円もの売上を生み出しているという事実は素直に嬉しいです。作曲を始めてから2年でこれだけ稼げたので、より長い年数作曲している人や、プロとして活躍している人は、もっと稼げると思います。

ちなみに1か月当たりの利益の最高額が9800円程度でした。1か月数万円の利益を得ている方々はすごいですね。

どんな曲が売れたのか

Audiostockで曲を販売している人の参考になると思うので少しだけ購入数上位の曲を紹介してみます。

ピアノとオーケストラ楽器の曲

これが最も売れた曲で3600回ほど聴かれて、32回売れました。いいアルペジオできた!と思ってから完成まですぐでした。作ったときはこれほど売れると思っていなかったので、大変驚きました。理由が分かりませんが、長期間Audiostockの映像カテゴリーの上位に位置していたので、聴かれる回数が多くなりました。ピアノはIvory Ⅱ、その他オーケストラ楽器はQLSOを使用していたと思います。ピアノのアルペジオから作ってそこに合うようにオーケストラ楽器を乗せていきました。

ピアノとストリングスの曲

この曲は1100回ほど試聴されて、9回売れました。上記の「波」が売れたことを考慮して映像用でピアノやストリングスを使用して映像用の音楽を制作しようと思って作った曲です。この曲もピアノはIvory Ⅱ、弦楽器がQLSOだったと思います。

さわやかな映像用の曲

これも映像用の音楽です。91回試聴されて、4回売れました。Audiostockでは長い曲のほうが売れるらしいのですが、これくらい短い曲でも購入されます。

ロックのBGM

こういうバンド編成のロックの曲も売れました。これは257回試聴されて、3回売れました。この曲はEz Drummer2を購入してテンション上がってバンド編成の曲を作りたいと思って制作しました。ギターは自分で弾きました。

他にどのような曲を登録しているか知りたい人は下記のURLからどうぞ

audiostock.jp

試聴回数が増えれば購入数も増える

試聴回数が増えれば増えるほど売れます。これはAudiostockに限らないでしょう。100回聴かれて1回売れれば、それはいい曲です。100売りたかったら1万人に聴いてもらわないといけません。Audiostockでは沢山のクリエイターが素晴らしい楽曲を販売しているので、カテゴリーの上位に残ることは大変なことです。自分の場合は1000回以上試聴された曲は上記の2曲しかありませんでした。しかし、用途に合った曲、クオリティの高い曲を制作していれば、それなりに聴いてもらえるのかなという印象です。

映像用BGMや効果音、ジングルは売れる

Audiostockは個人よりも法人の購入者が多いようなので、それを意識して制作するといいようです。映像を意識した音楽を制作できれば売上を伸ばせると思います。効果音やジングルは短く、試聴しやすいせいなのかそれなりに購入してもらえます。

2年間利用してきた感想

基本的に楽曲をアップして置いているだけで知らない間に購入されているので、楽です。休暇のときに何もしていないのに収入が発生するのは快感です。別の案件で没になってしまったけど、クオリティには問題がない曲をアップすることもできるので、没曲のセーフティネットみたいなサイトです。お金に困っているクリエイターとしては本当に助かります。

正直なところ、手数料が高いと思ってしまいますが、曲の登録が簡単なことやウォーターマークの合成を運営側でやってくれること、販路の拡大、プロモーションなど曲の制作以外のことを全てやってもらっているので仕方ないのかなとも思います。

ただ、報酬パーセンテージが50%になる条件は10000件の販売実績なので、めちゃくちゃ大変です。これを達成している人ってどれくらいなんでしょう?ここら辺をもう少しクリエイター寄りに改善してくれたらありがたいんですけど!

Audiostockを利用していて一番気になるのは、誰がどのような用途に楽曲を使用しているのかクリエイターには分からないという点です。売れたとしても、実績として公表することができないというのがちょっとつらいです。

コンペの復活はないんでしょうか。コンペに参加してダメだった作品をそのままAudiostockに上げるという流れがよかったような気がするのです。でも、よく考えるとコンペ好きなクリエイターってあんまりいないのでこのほうがいいのかもしれないですね。

最後の感想になりますが、2年前はサイトのトップページでおすすめの曲とかランダムで流していませんでしたっけ?勘違いしていたらすみません。あれもなくなりましたけど、復活すれば試聴数の問題がほんの少し解決するような気がします。現状、クオリティ高い曲を制作できる人しか試聴、購入されず、プロも数多く参入してきているので、昔のように初心者や素人でも音楽でマネタイズできるというサイトではなくなっているように思えます。

以上が2年間使用した感想になります。色々と注文も書いてしまったけど、登録してない人は絶対に登録しておいたほうがいいサービスです。得することはあっても、損することはないはずです。

終わりに

こちらの記事がAudiostockに登録している人、またはこれから登録する人の参考になれば幸いです。Audiostockは以前に比べて登録者数が増え、PIXTAとの連携や生演奏の録音を始めるなど勢いが増しているようです。これからも少しずつ楽曲を登録していけたらいいなと思っています。

これから登録する人は下記の招待コードを使用して頂けると嬉しいです。

pJRCInO9QoAN

audiostock.jp