rubyの音楽日記

作曲に関することを自由に書きます。

MENU

音圧アップのためのDTMミキシング入門講座! 石田ごうき著 レビュー

購入した理由

ミックスの勉強がしたくて、DTMを始めて間もない頃に購入した本です。DAW付属のプラグインで頑張っていたとき、どうしたら綺麗に音圧を上げられるのかと気になってネット上で色々と検索した結果、評価が高かったのが本書でした。

良い点

  • 分かりやすい説明
  • 色付きの図表
  • プロの制作した音源が付いてくる

説明が分かりやすく簡潔です。文字がそれなりに大きく、図形や表なども掲載されているので、読みやすいです。文体が砕けすぎず、かと言って堅苦しくもないので、楽しくすらすらと読み進められます。

付属DVD-ROMには著者の石田ごうきさんが制作した楽曲のパラデータが入っています。しかも、エフェクトがかかっているもの、かかっていないもの、完璧なミックス済みの音源など沢山の種類のファイルがあります。これらの音源をDAWに取り込み、本書に書かれているテクニックを実践し、プロのお手本のミックスと比較することで、自分のミックスの良し悪しを判断できます。これがこの本の最大の利点です。これらのパラデータはミックスだけでなく、DAW上で個々の素材にどのように名前を付けたり、オーディオファイルをまとめたりしているのかの参考にもなります。

良くない点

  • 歌もののミックスについてしか説明されていない
  • 参考楽曲がアニソン風のバンド編成のポップスなので人によっては参考にならないかもしれない

歌のある曲のミックスについて書かれているという印象があります。オーケストラを使用した曲や静かなヒーリングミュージック、ジャズなどにはこの本に書かれている内容が適さなかったり、または全く活用できないという場合もあります。

ただ、本書を読み終わった後に別の本を参考にすればいいだけなので、正直それほどのデメリットではないと思います。

どんな人におすすめか

DTMを始めたばかりの人やちゃんとしたミックスの基礎を学びたいという人で、初めて参考書を購入する人におすすめです。さらに、バンド編成の曲やポップス作っていきたいと思っている人には手放しで勧められます。

インストを作りたいんだ!という人は本書で学んだことを応用したり、別の本で他の知識を学ぶ必要があるかもしれませんが、この本を買って損するということはないと思います。1冊目の参考書としては本当に分かりやすくおすすめです。

 以下、内容に少し触れます。

ミックスの流れに沿って学べる

本書は以下の項目から成り立っています。

  • INTRO. ミキシング予備知識編
  • PART1 フェーダー操作編
  • PART2 EQ徹底活用編
  • PART3 コンプ完全攻略編
  • PART4 ボーカル専用処理編
  • PART5 グルーブコントロール

PART4と5は応用編という感じなので、INTROからPART3までを熟読すれば基本的なミックスの知識が得られます。

INTROではそもそも音圧があるというのはどういう状態なのかという定義を説明しています。本書では音圧のある状態というのはアナライザーで周波数を確認したときにM字型になっていることであるとされています。この状態を目指すためにフェーダー、EQ、コンプが必要です。

ミキシングの95%はフェーダーによる音量操作、EQ、そしてコンプの活用によると本書では言われています。実際、EQやコンプでなんとかするよりも、フェーダーを上げ下げしてしっかりバランスを取ることが大事です。フェーダーでバランスが取れていれば、EQやコンプで音質が変化して想定していたのと違う雰囲気の曲になってしまったという状況になるのを防げます。

PART1ではフェーダー操作を学びます。楽器ごとの音量の差を正確に測るために基準となる楽器を1つ定めて、その楽器と他の楽器との音量差を調整していきます。本書ではこれを「対比式ミックス」と呼んでいます。ここでは基準となる楽器としてドラムのキックを挙げています。キックに対して他の楽器が何%くらいの音量だとバランスが取れるかを図を交えて教えてくれます。

キックを使用しないインストなどを作る人は別の楽器を基準にする必要が出てきます。私はそういう場合にはベースを基準として考えています。どのような曲を作る場合でも基準となる楽器を設けることでバランスを調整できます。

PART2ではEQの使い方を学びます。EQはフェーダー操作で適切な音量バランスをとった後、目立たせたい楽器や周波数(もしくは逆に目立たせたくない楽器や周波数)などを作り出すために使用します。周波数軸上を5分割して、それぞれの周波数のもつ役割や雰囲気などを理解したうえでどのようにEQを活用すればいいかを知ることができます。

PART3ではコンプレッサーの使い方を学びます。コンプの主要なパラメータであるレシオ、アタック、リリースについての解説があります。コンプでは音量のばらつきを抑える以外に、奥行き感の調整もできます。どの楽器を前に出し、後ろに下げるかということと、コンプをどう設定したらよいかの関係性を図形で確認することができます。

PART4ではボーカルの処理を学びます。EQやコンプに加えてディエッサーが登場します。ボーカルは楽曲のメインですから非常に重要です。

PART5ではサイドチェーンの活用やボリュームカーブを描いて曲を盛り上げる方法など、グルーブをコントロールする方法を学びます。

最後に

一通り読めばミックスの基本が身につきます。この本を読んでからより応用的な参考書へ進むと理解が早いと思います。

ちなみに著者の石田ごうきさんが本書のフェーダーテクニックを実践している動画がYoutubeにあるので、参考にするとより分かりやすいです。こちらの動画を見て好印象だったら本を買うという順番でもいいかもしれないです。動画冒頭で流れている曲が付属する参考楽曲です。

www.youtube.com

 続編も出ていました。こちらは楽器ごとのより詳しいミックス方法を知ることができるみたいです。