時限付き作曲日記

コネ、お金、職。何もないフリーランスの作曲家がプロを目指して頑張ります。

MENU

ようこそ

当サイトはフリーランスの作曲家である ruby のホームページです。

作曲・編曲の依頼をお待ちしております。

 

プロフィール

東北地方在住。20代。ピアニスト、作・編曲家。

 

使用機材

DAW: Cubase Pro 8

 

楽器:

Keyboard: Roland FP-7F

Guitar: Epiphone Les Paul

 

ソフトウェア音源:

Quantum Leap Symphonic Orchestra (QLSO)

IvoryⅡ

 

その他:

Cubase付属音源

各種フリー音源

 

Native InstrumentsのKontaktをアップデートしたのにCubase上で反映されなかった

明けましておめでとうございます。それから、お久しぶりです。ブログ書くの完全にさぼってました。数か月の間に色々なことがありました。そのうち整理して記事にしたいと思っています。

さて、今回はKontaktのアップデートに関係するトラブルの解決策について書いてみます。忙しい方は赤字だけ読んで試していただければよろしいかと思います。ただし、ファイルの移動や削除等含まれておりますので、自己責任でよろしくお願いします。

どんな問題が起きたか

Native Accessで実行したKontaktのアップデートがCubase上で反映されていなかった。

経緯

年末にNative Instrumentsが無償配布していたKinetic Treatsを使ってみようと思いまして、Cubase上でKontaktを立ち上げて読み込もうとしたところ、Kontaktをアップデートしなければこのソフトを使えないという趣旨の注意を受けました。どうやら最新のバージョンでないと使えないようです(2017年1月15日現在の最新バージョンはVersion5.6.5)。

f:id:ruby3to4:20170115221425p:plain

「あなたのKontaktのバージョンは古くてこのファイルを読み込めないよ。サービスセンターで最新バージョンにアップデートできるからして。(拙訳)」と言われたので、すぐにNative Access経由で最新バージョンへとアップデートしました。無事にダウンロードが終了したことを確認し、DAW上で再びKontaktを立ち上げKinetic Treatsを読み込もうとしたのですが、アップデート前と全く同じ文言のポップアップが出現しました。その場ですぐにバージョンを確認すると、最新のバージョンではありませんでした。先ほどアップデートには成功したはずなのにおかしいと思い、もう一度Native Accessに戻って確認するとアップデートは確実に完了しており、さらにスタンドアローンKontaktを起動すると最新バージョンになっており何の問題もなくKinetic Treatsを使用することができました。つまり、Cubase上でのみKontaktが古いバージョンで立ち上がるという状況でした。

原因と解決策

Kontaktのdllファイルが複数ある場合、古い方を他のフォルダへ移動することでアップデートが反映される。

詳細

解決策をネット上で探したところ、次の記事を発見することができました。

KONTAKTで音色が読み込めないエラーの対処法 | ヒロヒロヤのDTMお役立ち情報

こちらの記事で詳しく書いてある通りですが、どうやらKontaktのdllファイルがパソコン内に複数あり、アップデートしたファイルとは違うファイルを参照している場合に最新バージョンを読み込めないという状況に陥るようです。従って、古い方のKontaktのdllファイルを別のフォルダなどに移動することによって無事に読み込めるようになります。私は面倒だったので古い方を削除しました。間違えて新しい方を削除しないようにお気を付けください。

因みにCubase以外のDAWでこの問題が発生するのか、またその場合どのように解決するのかは分かりません。

 

 

Audiostockでようやく1曲売れました

こんにちは。

やっとAudiostockで1曲売れました!ここまで長かった…

ご覧になっていないでしょうが、購入してくださった方にこの場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!

登録したのが6月だったのでだいたい3ヶ月かかりました。他の作曲家の方々がAudiostockに登録してから、どれくらいの期間で初めて曲が購入されているのかは分かりませんが、私の場合は随分時間がかかっているような気がします。現時点で登録した音源数は13です。ジングルが3つなので、曲と呼べるものは丁度10個です。これからAudiostockに登録しようとしている方や、すでに登録済みだけどまだ成果が出ていないという方の参考になれば幸いです。以前書いたこちらの記事も併せてどうぞ。

ruby3to4.hatenablog.com

Audiostockでは購入された方の情報は一切明かされないようなので、嬉しい反面、寂しい気持ちもあります。自分の曲がどのように利用されているのかを映像を見ながら聴くことは本当に面白いですし勉強にもなります。そういう点では、ニコニコ動画は利用されるとすぐに確認できていいですね。

何はともあれ、Audiostockで曲が売れることを実感できたので、これからも利用していこうと思います。この調子で様々な方に利用していただきたいものです。

Steinbergの音楽番組「Sound Roster-Behind the Scene-」が始まります!

最近流行りの「FRESH! by Abema TV」という番組でCubaseでおなじみのSteinbergによる音楽制作番組「Sound Roster-Behind the Scene-」が今日の夜7時から開始するそうです。

記念すべき第1回目はスクウェア・エニックスのサウンドディレクターであり、「ファイナルファンタジー14」の音楽などを担当している祖堅正慶氏が登場します。以下のリンクから見られます。

abemafresh.tv

ゲーム内で実際に使用されたプロジェクトを用いながら、音楽制作の現場について語ってくださるということなので、非常に楽しみですね。

カプースチンのピアノが途轍もなくかっこいい

みなさん、カプースチンという作曲家・ピアニストをご存じでしょうか?説明するよりも曲を聴いてもらったほうがいいと思うのでこちらをどうぞ。

www.youtube.com

Wikipediaによるとカプースチンウクライナ出身のピアニストで、モスクワ音楽院を卒業しています。

ごつごつとした岩がぶつかり合うような音、うねる荒波のようなピアノの旋律、ジャズとクラシックの融合した軽快で難解な独特のリズム。非常に複雑であり、唯一無二の音楽です。本人の演奏がこれまた素晴らしいです。たくさんのピアニストが彼を尊敬し、彼の曲を演奏していますが、カプースチン本人の演奏と比べるとどうしても劣ってしまいます。彼の自作自演を聴くことができる時代に生きているということは幸せですね。

どのような分野でも同じだと思いますが、常に新しいものを開拓していくことが文化の本質・性質でしょう。以前の形を変化させ、進化させ、斬新なものにするのは素晴らしいことですが、一方で複雑さが増していくのは避けられないことなのかもしれません。しかし、その傾向が一定のラインを超えたとき、文化を創造する側と文化を受け取る側の間に隔たりが生まれます。理解できないもの、難解なものを楽しめないというのは仕方のないことです。現代音楽や現代アートの分野ではその傾向が顕著だと感じます。

カプースチンの偉大さは難しいこと、新しいことをしているにも関わらず、その音楽が一般的に受け入れられているという点にあると思います。超絶技巧の必要な曲はその楽器を演奏している人にとっては面白いものです。技術の追求はそれ自体が楽しいものです。しかし、技術的難易度や曲の複雑さと曲の親しみやすさは比例しません。ある程度までは比例するかもしれませんが、難解さが一定量を超えたとき親しみやすさは唐突になくなってしまいます。

カプースチンの曲はどうして親しみやすいのでしょうか。カプースチンに限らず、曲の親しみやすさと大きく関係しているのは間違いなくメロディーです。彼の曲は複雑でありながら、メロディーは把握しやすく、記憶に残りやすいのです。曲全体として、ある程度の複雑さがあってもメロディーが単純もしくはそれほど複雑でなければ、聴く人は苦労せず受け入れることができます。

もう一つの点は構成にあると思っています。カプースチンは曲の展開がうまいです。モチーフの変奏が卓越しています。これは個人的な意見になりますが、ジャズでは元のフレーズの原型をとどめていないような演奏が珍しくないと感じます。アドリブを楽しむ音楽だと考えればそれは面白いかもしれませんが、構築美というか統一性を考えたときにジャズのバラバラ感を私はあまり好みません。カプースチンの曲はジャズのリズムやコードを利用していながらも、構成や構造がクラシックを基盤として、モチーフが元の形を逸脱しないように慎重に作られているように思えます。彼のフレーズはジャズのアドリブのように自由な場面もありますが、それでもモチーフから離れすぎない形を保っています。

作曲家にとって新しいことをしたいという願望は避けがたいものですが、同時に人々に自分の曲を聴いてもらいたい、好いてもらいたいという気持ちも抑えがたいものです。場合によっては相反するこれらの要素を適切に融合できる人こそが、人々に注目されプロとして活躍できるのだろうと思います。自分もそういう作曲家になりたいものです。

カプースチンのおすすめかつ有名な曲集として8つの演奏会用エチュードがあります。上記の動画の曲である「Impromptu, op.66, no.2」は残念ながらこのCDには含まれていません。この作品は演奏会用の短めで親しみやすい8つの曲で構成されています。それほど演奏時間が長くないのですが、曲の展開やメロディー、コード進行、そしてリズムなどが様々な形で変化していくため、密度の高い曲を楽しむことができます。

Xpand!2を購入しました!

先日セールで99%offになっていたXpand!2を購入したので、Xpand!2だけを使用して曲を作ってみました。

 

Xpand!2はProtoolsの付属の総合音源らしいのですが、Cubaseの付属音源に比べると使いやすい音が多い気がしました。これは単純に好みの問題かもしれません。Cubase付属のHalion Sonic SEはsynth系の音がなんとなく安っぽい感じというか、キンキンする感じだったので、使いどころが限られてくるという印象でしたが、Xpand!2は様々な曲に使えるような音、あまり尖っていない音が多く含まれているというのが実際に使用してみての感想です。

f:id:ruby3to4:20160906002704j:plain

インストゥルメントを立ち上げると4つまで音を読み込むことができて、それぞれの音をMIDIに割り当てることができます。インストゥルメント内で各音色についてパンの振り方やFXのかかり具合を調節することができます。FXは全体で2つまで設定することができて、そのMixを各音色ごとのつまみで調節するようです。FXはリバーブやディレイなど基本的なものは全て揃っています。

個人的に気に入ったのはPadとLoopです。今回の曲もXpand!2のLoopをそのまま使用してます。それから、Orchestra Hitsの種類がいくつかあるのも本当にありがたいです。

複数立ち上げても重くならないので、それほど容量を気にすることなく作業に集中できることも利点だと思います。

今回は100円で購入したので満足ですが、定価の1万円で買ったら違う感想になったかもしれません。Pro Toolsユーザー以外の方で、DTMを始めたばかりだけれどそんなに付属音源に満足していないという方がいましたら購入を検討してみてもいいと思います。ただし、セール中であれば・・・ですが。正直なことを言うとXpand!2を定価でわざわざ買うくらいなら、もう少し奮発してKOMPLETEなどを購入するほうが得するでしょう。とりあえず、KOMPLETEを購入できるまでは、Xpand!2を積極的に使用していこうかなと考えています。

この記事がPro Tools購入を検討している人や、その他DAWを使用している方で他の総合音源を購入するべきかどうか迷っている方の役に立てば幸いです。Cubase使用している人はHalion 5やKOMPLETEを早めに購入する方が、制作が捗るのではないかと思います。

おすすめ!無料のパイプオルガン音源とクワイア音源

まずはこちらをお聴きください

RPGのボス戦用のBGMを作りました。最初は仲間だったキャラクターと物語の中盤で対立し、終盤においていよいよ戦いが避けられなくなってしまったというよくある展開をイメージしています。ゲームの対人戦、特に1対1の戦闘はすごく燃えますよね。

無料クワイア音源 DSK ChoirZ

ピアノはIvory、オケはQLSO使ってます。今回はクワイアを入れてみました(1:54~)。質のいいクワイアの音源は有料ばかりかと思って諦めていましたが、どうしてもクワイアを入れてみたくて必死になって探したらいい音源が見つかりました。

www.dskmusic.com

男声と女声の境目が曖昧で、細かく使い分けることはできませんが、なんとなくそれっぽい雰囲気を出すことは可能ですので、いつか有料音源を買うまでは利用していこうかなと思っています。Layer、LFO、Filterがそれぞれ3つずつあるので、好みの音になるまで作りこめます。

DSK musicでは他にも使えるフリーの音源がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

無料パイプオルガン音源 The Leeds Town Hall Organ

今回もう1つ新しく使用した無料音源があります。クワイアと同時に使用してます(1:54~)。Kontakt用のパイプオルガン音源です。ここからダウンロードできます。

The Leeds Town Hall Organstore.samplephonics.com

6つのプリセットがあるのですが、そのうちプリセット4の音がすごく好きです。重厚で存在感のある音です。残念ながら生のパイプオルガンの音を聴いたことはないのですが、打ち込み特有の機械っぽい感じ、平坦な感じはしないので十分使えます。Kontakt Playerでも時間制限はありますが一応使えるので、フリーのパイプオルガン音源が欲しいという方は検討してみてください。

いつか有料音源も・・・

そのうち有料音源も買えたらいいなと思っています。VOXOS 2とかSymphonic Choirとか買って歌わせたいです。

VOXOS 2

www.crypton.co.jp

Symphonic Choir

High Resolution | EastWest | Quantum Leap Symphonic Choirs